底地

底地にある利点となる部分

綺麗な家

底地とは、借地権が決められている土地であり、これは厄介な扱いをされていることがあるのですが、実はよいこともあるのです。底地の利点としてはまず安定している収入がある、ということです。既に土地を貸しているわけですから、そこからの地代収入は得ているわけです。
そうした意味では今現在、しっかりと運用されている土地、ということもできるわけです。そのあたりは難しい考え方になりますが少なくとも相続税の割合と固定資産税の割合をクリアしているのであれば、問題なく土地としては運用されていることは確かでしょう。
下手に他のことに活用しようとしてむしろ、赤字を出してしまうようなことになるよりは遥かにマシであるといえます。そこが底地の難しいポイントになっています。或いは利点ともいえるのです。
今現在に満足していればそれはとてもよい状況といえるのが底地なのです。ちなみに売ることもかなり難しいのですが、借地権者に対して売る、というのであれば意外と売れることも多いです。しかし、地価そのものではなく、その借地権の価値を差し引いて、ということになります。第三者に売るときにもそうなりますからどうしても底地は価値が低く見積もられるのです。

底地に関する考え方

底地を持っている人は損をしてしまっていると考えている場合があるのですが、必ずしもそうではないです。底地は要するに借地権がついている土地になります。ですから、そこは常に貸し出されているわけでもあります。土地の権利を持っている人が他のことに活用しようと思ってもまずは借地権者からそれを返してもらうことが必須になります。こうした点が底地が厄介であると考えられてしまう部分になります。
しかし、これは必ずも悪い状態とは言いにくいのです。まず、確実に貸せているわけでもありますし、そこから少なからず地代は得られています。つまりは、土地は遊ばせているわけではなく、活用できているわけでもあります。
別に底地であるからといって損をしている活用法になっているわけでもありませんから、その点は注意しておきましょう。なかなか売りがたいことは確かですが、借地権者に対してであれば売れることもあります。
最も底地を評価してくれるのはまず間違いなく、借地権を持っている人であるからです。借地権を買い取ってでも底地を完全の自分のものにしたほうがよいときもありますし、そのまま売ったほうが良いときもあります。そのあたりはよく考えると良いでしょう。

底地には利用する方法が

底地はどうしても利用する方法が限定されることになります。そもそも現在、貸している状態になっているわけですから基本的にはそれ以上のことができない、ということになります。底地とは借地権がある土地のことを指します。ですから、現状、貸しているわけであり、そこを別のことに使いたいのであれば、出て行ってもらうしかないのです。その場合は借地権の返還をしてもらうことになります。
こうしたことがありますから、どうしても底地というのは価値が下がることになります。この借地権というのはお金に換算することができるほどの権利になります。ですから、その土地の価値というのは借地権の分を差し引いて計算されることになります。
それがとてもネックになるのですが、それでも土地であることには違いないです。それに売れないわけではないのです。底地のままであろうとも売ることは不可能ではありませんから、売却することも可能なのです。
後は底地というのは、何かと扱いが難しいわけですが、それでも活用することがよりできるようになればとても大きなメリットがある土地になります。土地の価格というのはなかなかよくわからないのですが底地は特に計算が難しいことになります。

CONTENTS

底地を売るためには

不動産に権利がついていますとなかなか売りにくくなります。つまりは、その土地をキチンと活用しようとする場合にはその権利を買い取りしないといけないからです。それこそが底地の問題点…

more...

底地って何?

普段の生活の中では、耳にしたり使ったりする機会はあまりないですが、皆さんの身近にもあるかもしれませんよ。それでは、底地とはいったいどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと、…

more...

底地に関すること

不動産は価値がある財産であるといえるでしょう。しかし、それには色々と種類があるのです。その一つが底地になります。この底地というのは借地権が設定されているものをいいます。はっき…

more...

土地活用で知っておきたい底地とは

土地をどうにか活用したいと考えているなら、底地について知っておきましょう。底地とは、貸した土地に建物が立ち、収入を得ることができる状態の土地を指します。例えば、Aさんが所有す…

more...