底地

土地活用で知っておきたい底地とは

土地をどうにか活用したいと考えているなら、底地について知っておきましょう。底地とは、貸した土地に建物が立ち、収入を得ることができる状態の土地を指します。例えば、Aさんが所有する土地は、Aさんに所有権があります。
もちろん自分の土地ですから、土地の利用権もあります。このAさんの土地を、Bさんに貸したとしましょう。Bさんはその土地に建物を建てます。このとき、土地を利用しているのはBさんですから、Aさんの利用権は一時的に失われた状態となります。
ただし、Bさんが利用している土地の地主はAさんですから、Aさんの所有権はそのままです。Aさんが所有している土地を利用して、Bさんが建物を建てたわけですから、Aさんには地代をもらう権利が発生します。所有権に地代徴収権が加わったものを、底地権というのです。一方のBさんは、地代を支払う代わりに、土地を利用する権利があります。これを借地権といいます。
底地権とは、土地所有権と地代徴収権を合わせたもの、つまり「借地権がついた土地を所有する権利」ともいえます。底地権は、あくまで所有するだけですから、Bさんが使っている土地をAさんも利用することはできません。所有権と利用権がそろうと、完全所有権となります。
このように、ひとつの土地に対して所有者と利用者が別々であることから、底地は権利の問題が複雑になりがちです。土地をもっている人は注意しましょう。

CONTENTS

底地を売るためには

不動産に権利がついていますとなかなか売りにくくなります。つまりは、その土地をキチンと活用しようとする場合にはその権利を買い取りしないといけないからです。それこそが底地の問題点…

more...

底地って何?

普段の生活の中では、耳にしたり使ったりする機会はあまりないですが、皆さんの身近にもあるかもしれませんよ。それでは、底地とはいったいどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと、…

more...

底地に関すること

不動産は価値がある財産であるといえるでしょう。しかし、それには色々と種類があるのです。その一つが底地になります。この底地というのは借地権が設定されているものをいいます。はっき…

more...

土地活用で知っておきたい底地とは

土地をどうにか活用したいと考えているなら、底地について知っておきましょう。底地とは、貸した土地に建物が立ち、収入を得ることができる状態の土地を指します。例えば、Aさんが所有す…

more...