底地

底地って何?

普段の生活の中では、耳にしたり使ったりする機会はあまりないですが、皆さんの身近にもあるかもしれませんよ。それでは、底地とはいったいどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと、建物を建てるために地主が貸している土地のことです。
ふつう、土地の所有者は自分が所有している土地に対して、土地を所有する権利と土地を利用する権利を持っています。しかし、その土地を誰かに貸して不動産収入を得ようとする場合、土地を借りた人が建物を建てると、土地の所有者は土地を利用する権利がなくなります。その代わり、地代をもらう権利(地代徴収権という)を持つことになります。
このとき土地の所有者が持つ二つの権利、土地を所有する権利と地代をもらう権利を合わせて底地権といいます。土地を借りている人には地代を払う義務があって、その代わりに土地を利用する権利(借地権という)が与えられるのです。
このように、土地の所有者が他者に土地を貸して、その借地人から地代をもらっている土地のことを底地というのです。しかし、ひとつの土地に対して所有する者と利用する者が異なるという複雑な状態になっているため、自由に売却したりは出来ません。よって、ふつうの更地と比べると資産価値としては低くなります。

CONTENTS

底地を売るためには

不動産に権利がついていますとなかなか売りにくくなります。つまりは、その土地をキチンと活用しようとする場合にはその権利を買い取りしないといけないからです。それこそが底地の問題点…

more...

底地って何?

普段の生活の中では、耳にしたり使ったりする機会はあまりないですが、皆さんの身近にもあるかもしれませんよ。それでは、底地とはいったいどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと、…

more...

底地に関すること

不動産は価値がある財産であるといえるでしょう。しかし、それには色々と種類があるのです。その一つが底地になります。この底地というのは借地権が設定されているものをいいます。はっき…

more...

土地活用で知っておきたい底地とは

土地をどうにか活用したいと考えているなら、底地について知っておきましょう。底地とは、貸した土地に建物が立ち、収入を得ることができる状態の土地を指します。例えば、Aさんが所有す…

more...